プロフィール

aoikiou

Author:aoikiou
アオのブログへようこそ!
癒し情報発信中です!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お気に入りブログ

タグ

ブログパーツ

  • seo

あわせて読みたいブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏マッサージの基礎知識

足の裏には、様々なツボがあり
第二の心臓と言われています。

足の裏をマッサージする事で体調を改善するマッサージは
世界各地にあります。

例えば「イギリス式」はアロマテラピーと結びついているソフトタッチのマッサージです。
「ドイツ式」はメディカルフットケアと結びついています。
「台湾・中国式」はツボ的療法が結びついていて、
「日本式」では指圧の要素が強いそうです。

足裏から感じるゴリゴリした感じは、身体の老廃物の固まりである乳酸や尿酸です。
この老廃物をほぐして、代謝を促す事が足裏マッサージを行う上での目的です。
スポンサーサイト

足つぼマッサージをいけない人

足つぼマッサージは、熱があるときや、
極端に身体が衰弱している時は、
避けるようにしましょう。

また、治療の前後に、すぐ入浴したり、
飲酒するのもよくありません。

まだ治療に慣れていない方は、
治療後に、身体が重く感じたり、
だるく感じることがあります。

しかし、このような症状は、
翌日には消えるので心配は要りません。

身体が慣れくれば、次第に、
このような症状は出なくなってきますよ。

また、マッサージの前は、
十分に水分を摂るようにしましょう。

足を引き締めるゾーンのマッサージ

足は心臓から離れたところに位置しているため、重力の影響でリンパ液や血液が滞りやすくなってしまうため、むくみを感じてしまうことが少なくありません。
このむくみやすく、なおかつ脂肪をなくしにくい足をスッキリと引き締めるためには、足の裏にある腎臓に関連したゾーンをマッサージするのが有効です。


この腎臓のゾーンは、土踏まずの上方(足の裏のちょうど真ん中あたり)から、かかとの内側にかけてに位置しています。
このゾーンをマッサージしていけば、血行を活発にして老廃物や余分な水分の排出が促進されるのです。
マッサージ法として、まず腎臓の部分(足の裏のちょうど真ん中あたり)に親指をあててから、かかとの内側へ下がっていくように少し強めの力で押し揉んでいきましょう。

四十肩・五十肩を軽くできる足ツボ

四十肩五十肩は、おもに40~50歳代の働き盛りの人が感じることが多い肩の痛みで、正式名称を「肩関節周囲炎」とよんでいます。
この四十肩五十肩はひとつの老化現象であって、症状がひどくなってしまうと腕が上がらなくなる、ということも珍しくありません。
そんな四十肩五十肩を軽減するのに効果のあるツボが、足の裏にある四十肩五十肩点(しじゅうかた・ごじゅうかたてん)です。
また、肩の反射区にもしっかりと刺激を与えるようにすると、血行が促進されて症状をさらに軽くできます。
右肩が痛むときには右足を、左肩が痛むときには左足をマッサージしていきましょう。
また、普段から四十肩五十肩を予防するためには、両方の足をマッサージすることをおすすめします。


四十肩五十肩点の位置は、薬指と小指の間から、そのまままっすぐ下がったふくらみの部分にあります。
また肩の反射区は、人差し指の付け根のすぐ下から小指の方向に向かったところです。
ここをマッサージすると、首から肩への血行がスムーズになり、だんだん肩のこりが楽になるのが実感できます。

フットマッサージ専用のクリームを使えば、効果も上がるのです!

フットマッサージをする方法自体は何種類もあるのですが、その方法や工夫次第で、効果が大きく違ってくるものです。
手で直接フット出張マッサージ 大阪 西区を行う場合においては、専用にあるクリームなどを使用することによって、効果をさらに高められると期待できるのです。


フットマッサージをするときに専用クリームを使うことによって、マッサージ効果のみならず、リラクゼーション効果や美容における効果も得られるようになるとされているのです。
もちろんそれはフットマッサージのときにどんなクリームを使うかによっても、効果が変わってくるからなのですが。
フットマッサージ用のクリームを何種類か使い分けられれば、より気持ちのいいマッサージが可能となるのです。


ただし、フットマッサージも例外ではなく、やりすぎはよくありませんので、それだけには注意しましょう。
良くも悪くも、フット出張マッサージ 新大久保に関していうと、その効果がはっきりとにあらわれるものなのです。

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。